英語落語ワークショップ

英語教室から お招きをいただいて
小学生から中学生まで 約30人のこどもたちに
英語落語のワークショップを 行ってきました。

子ども達 かわいかった(^o^)

そもそも 落語 に なじみがないので、
日本語で 小咄をやっても ピンとこない子もいる。

手ぬぐいや 扇子をつかって 
ジェスチャーゲームをやって
What's he doing?
He is eating udon noodles.
みたいな感じでやったあと
自分たちで てぬぐいや 扇子を 何かに みたてて やってみよう
って 言っても
想像力がないのかなぁ~ アイデアが でてこない。

でも だんだん 慣れてきてくれて
英語の小咄を指導したら 
高座にあがって 発表してくれるようになった。

英語落語を 最後に 聞いてもらったら、
笑ったり 心配したり どうなるんだろうって ドキドキしたりしながら
しっかり 落語の世界にはいって きいてくれていた。

落語って すばらしいから
もっと もっと 裾野が広がったら いいなぁ~。
英語とか 日本語とか 関係なく
日本中の子ども達が 
自分たちのほこれる 伝統文化のひとつとして
親しんでくれたら いいのになぁ~。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック