米紫の会 @ すずめのおやど

鈴々ちゃん かわいい。
自分らしく 素直に ふつうに 話す落語っていうのは
こういうことを いうんだなぁ~って 思った。
自分が 落語の先生に ずっと 
しかられ続けているわけが わかった。

阿弥陀池 大好きな演目。
ストーリーは わかっているのに
何回見ても おもしろい。
落語家さんによって やり方も違って おもしろい。

講談 はじめて 聞いた。
かっこよかった。
すごく 上品やった。
究極のストーリーテリングなんだなぁ~って 思った。
風景が浮かんだ。


高津の富は CDで何回も聞いて
もう 台詞が 全部 自分の頭にはいっているので
米紫さんが ちょっとでも かまはると
それに 反応して 笑ってしまう。
ごめんなさい。
せんすも 吹っ飛ぶ 熱演。
すごく すごく 楽しかった。




桂 鈴々  「んまわし」

桂 米紫  「阿弥陀池」

旭堂南湖  「柳田格之進」

桂 米紫  「高津の富」 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック