テーマ:落語会 備忘録

そうぞう寄席

桂 雀五郎     牛ほめ 桂 米二       遊山船 笑福亭 竹林    ねずみ 桂 米二       植木娘 米二さんの 喜六と清八のかけあいが すごく おもしろい。 あの絶妙の「間」 と 声の張り方 声のゆるめ方が 効果的なのかなぁ~。 落語は 一生懸命頑張りすぎずに話すことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴瓶と都のお稽古会

露の都 「青菜」  おかみさんバージョンやった。  植木屋さんじゃなくて 髪結いさん  旦那さんじゃなくて ごりょんさんやった。    でも 植木屋さんと旦那さんのバージョンもみてみたいなぁ~。  涼しげな お庭の風景とか  暑苦しい長屋の風景とかを  やっぱりみたいなぁ~。  上品なおなごしさんのマネをする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『第11回 花まつり落語会』  @ 浄土宗光照寺

『第11回 花まつり落語会』 桂弥太郎   つる 桂鯛蔵    代脈 桂三金    メタボの人が立候補する話 (三金さん作) 桂米紫    佐々木裁き 木戸銭とチャリティーオークションのお金は すべて 東北大震災の義援金とされるそうです。 おもしろかった。 すごく いい落語会やった。 お寺の雰囲気も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繁昌亭 GW特別興行

おもしろかった。 いっぱい 絵が 浮かんできて おもいっきり 笑った。 ひとつの 落語会として すごく まとまっていて ほんまに おもしろかった。    壱之輔   転失気    八光    幽霊の辻    小染    うどん屋    笑丸    紙切り    都      堪忍袋       中入り    三象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三輝落語会 ただいま修行中@なんばグランド花月

三輝さんの落語 大好き。 すごく おもしろかった。 日本語の古典落語の 「四人くせ」 すごく 良かった。 四人の人物も よく わかったし 自分の頭の中のスクリーンに いっぱい絵がうかんできて おもしろくて 大笑いした。 人物の描き方とか 間とか 仕草とかが すごく 上手なんだと思う。 日本語のたどたどしさは 全然気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桂米紫の茂庵寄席

あぁぁ~ おもしろかった。 想像力が すごく 刺激される。 4つのお話 全部が すごく すごく おもしろかった。 物語が ぱぁ~っと 頭のなかの スクリーンに うかびあがってきた。 心のそこから いっぱい笑って 家にかえってきてからも ああぁ~ 楽しかった って うれしくなるような会でした。 講談って かっこいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米紫の会 @ すずめのおやど

鈴々ちゃん かわいい。 自分らしく 素直に ふつうに 話す落語っていうのは こういうことを いうんだなぁ~って 思った。 自分が 落語の先生に ずっと  しかられ続けているわけが わかった。 阿弥陀池 大好きな演目。 ストーリーは わかっているのに 何回見ても おもしろい。 落語家さんによって やり方も違って おもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動楽亭 昼席

あぁ~ 楽しかった (^o^) いろんなことを忘れて おもいっきり 笑ってきた。 吉の丞さんは なんか ざこばさんを 彷彿させる (^o^) ふぐ鍋は 落語教室で ご一緒の方のお稽古を ずっと見ていたので、 また 落語のお手本として 見てしまった。 それで 「あっ 先生が おっしゃるとおりやなぁ~」 って あらため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうぞう寄席

「秘伝書」         緊張してたけど よく うけてた。        怖い顔をして 聞いている客席のお客さんが        「ぷっ」と ふきだす瞬間を見た。 「金明竹」        あの 不思議な長い長い台詞を よどみなく余裕をもって語るところが        すっごく かっこいぃ~い。 「六尺棒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回 都組さだ吉倶楽部落語会

子ども達 みんな いきいきと のびのびと演じていて 心の底から 笑える。 たぶん、子ども達には  お客さんを わらわせたいとか 上手に落語をしたいとか そういう下心がなくて ただ 物語の人物として 自然体で そこに ポツンと 存在するから すばらしいんだと思う。 でも 緊張もするんだろうなぁ~。 家で お稽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more