Be Happy!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『第11回 花まつり落語会』  @ 浄土宗光照寺

<<   作成日時 : 2011/05/08 05:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『第11回 花まつり落語会』

桂弥太郎   つる
桂鯛蔵    代脈
桂三金    メタボの人が立候補する話 (三金さん作)
桂米紫    佐々木裁き

木戸銭とチャリティーオークションのお金は
すべて 東北大震災の義援金とされるそうです。


おもしろかった。
すごく いい落語会やった。
お寺の雰囲気も すごく よかった。

「つる」 と いうお話は ほんまに よく できているなと 思った。
いろんな人の いろんな「つる」を見てきて
お話も 落ちも 全部わかっているねんけど
やっぱり おもしろくて 笑ってしまう。

「代脈」の若先生のキャラクターが すごく おもしろかった。
なんか 目に 浮かんできて 大笑いしてしまった。

三金さんの この落語を見るのは 二回目。
前にみた時よりも もっと もっと おもしろかった。
落ちも よく できてるなぁ〜と 思った。
正座 長時間できるのも すごいなぁ〜と思った。

米紫さんの「佐々木さばき」はじめて 拝見した。
おもしろかった。
こども、おとうちゃん、お侍さんの人物の描きわけが すごいなって思った。
それで やっぱり 落語の登場人物が
みんな 人としての「かわいさ」があるっていうか
どの道場人物も 応援したくなるっていうか
そういう感じが すごくする。
お話の途中で 息抜きの感じではいっている
悪者のキャラが すごぉ〜く 悪そうで
すごぉ〜く おもしろかった。

落語会全体も すごく まとまっていて 
すごく おもしろかった。

しかも その お寺の息子さん達と
うちの息子達が 
同じ学校の お友達だとわかって
びっくり。

なんか お寺の落語会に行くと 
不思議なご縁にめぐまれるねんなぁ〜。

うちの息子も 自分の落語について
あらたな 発見をしたらしい。

自分の持ちネタを プロの方にきかれて こたえると
「むずかしいネタを やってるねんなぁ〜。」
って よく いわれてきたけど
その言葉の意味が わかったらしい。
自分が 見て 好きになって 台詞をおぼえて
やってきた演目やけど
それぞれの登場人物の気持ちをのせるのが
すごく むずかしいことに 気づいたらしい。
また それを お客さんに伝えるということが
すごく むずかしいことに 気づいたらしい。

それで 「旅の発端」のお稽古が
気持ちをのせたり 伝えたりするのに
本当に 役に立つ練習だということが
わかったらしい。

落語は 奥が深くて
やっぱり すごく 素敵。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『第11回 花まつり落語会』  @ 浄土宗光照寺 Be Happy!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる